chapup関連

チャップアップでAGA(DHT分泌)は治らない!でも薄毛予防なら有能!

育毛剤としては異例の累計販売数300万本を達成したチャップアップ。

新規だけではこれだけの数売れるはずがないので、リピーターの多さがうかがわれます。

リピーターが多いということは効果も高いということ。

でも、実はチャップアップはAGAには効果がないという噂が流れているのです。

AGA=男性型脱毛症は男性ホルモンが起こす

AGA=男性型脱毛症についてはネットで解説しつくされた感もありますが、おさらいの意味も込めてわかりやすく説明していきます。

AGAは簡単に言うと3つの段階をふんで発生します。

1.テストステロンが頭皮の酵素5αリダクターゼでDHT=ジヒドロテストステロンに変化
2.DHTが頭皮の毛母細胞や毛根の毛乳頭に結合
3.「脱毛因子」TGF-β活性化

ある物質が変化したり働いたりするためには、その物質専用のレセプターに結合する必要があります。

DHTが結合するアンドロゲンレセプターが多ければAGAになりやすく、アンドロゲンレセプターの数は遺伝子で決まります。

つまり、親がハゲなら子もハゲやすいということです。

AGAは専門クリニックでの治療を

AGAを治療するには、1の段階で5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品プロペシアの服用が有効です。

プロペシア自体はAGA専門医ではない皮膚科などでも処方されます。

しかし、AGAの専門知識がない医師が、AGAかどうかの見極めもせずに処方して、効果はないけれど副作用だけが出たという例もあるようです。

薄毛の原因がAGAか、薄毛の治療のためにプロペシアが適切かどうかは、AGAの専門クリニックでのきちんとした検査から専門医に判断してもらうのが確実です。

育毛剤の役割は髪と頭皮を健康に保つこと

育毛剤と発毛剤、似ているようで違います。

発毛剤は厚生労働省より認可された医薬品です。一方育毛剤は、発毛剤以外の医薬部外品や化粧品などです。

育毛剤には医薬品のような治療効果がある成分は含まれていないので医薬品として認可されていないわけです。

では育毛剤はなんのためにあるのか?

育毛剤は、基本的に髪や頭皮を正常な状態に保ち、健康な髪を育てることが役割です。

よって、育毛剤であるチャップアップに、AGAを治療する効果は期待できません。

ただし、AGA初期に薄毛を予防するという目的でなら有効だと考えられます。

育毛剤チャップアップはAGAを予防できる?

チャップアップはAGA治療はできない。なら予防もできないのでは?

その疑問には簡単に答えられます。

一時期甜茶が花粉症に効果があると騒がれましたが、今はまったく見かけません。それは、花粉症の症状が吹き出してからその治療目的で飲む人が多かったからです。

甜茶で花粉症は治療できません。でも、実は花粉が飛び始まる前から日常的に飲んでおくと、症状が重くなるのを予防することができます。

それと同様、チャップアップにはAGAの症状が本格的に出る前に予防的に使えば有効だと考えられる成分が配合されています。

オウゴンエキスが還元酵素を阻害?

オウゴンはシソ科の植物の根っこから抽出された成分で、古来消炎薬として漢方の原料として利用されてきました。

頭皮に用いることで、頭皮の炎症を抑え、正常な育毛機能を保てると考えられます。

また、オウゴンエキスにはDHTを作り出す還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害する物質が含まれているとする研究もあるようです。

5αリダクターゼがガンガンDHTを作っている状況では難しいでしょうが、その働きが本格的になる前の初期であれば、ある程度の効果が期待できるでしょう。

イソフラボンを含むヒオウギエキス

ヒオウギエキスにはポリフェノールの一種であるイソフラボンが多く含まれています。

国立がん研究センターの予防研究グループが発表している研究結果では、イソフラボンが5αリダクターゼを阻害するとしています。
参照元:https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/336.html

ヒオウギエキスのイソフラボンは、5αリダクターゼを阻害することによって、AGA発生を予防できるのではないかと思われます。

W効果でAGAを予防するビワ葉エキス

ビワ葉エキスは日本で民間薬として用いられてきました。

主に殺菌効果や抗炎症作用を期待して使われてきたようです。

オウゴンエキス同様、頭皮の炎症をおさえて育毛機能を正常に保てると考えられます。

また、最近の研究ではDHTの発生を抑制するとともに、DHTによって活性化する脱毛因子FGF-5による脱毛指令をブロックできるのではないかと考えられています。

頭皮のバリアを保つチョウジエキス

チョウジエキスは江戸時代には鬢付け油にも使われていた伝統的な髪の健康を保つ成分です。

メナード化粧品の研究によると、チョウジエキスには皮膚の角質で保湿やバリア機能を持つセラミドの合成を促進させる働きがあるようです。

チョウジエキスも5αリダクターゼの働きを阻害すると考えられています。

チャップアップサプリはAGAを予防できる?

チャップアップには育毛剤の効果をサポートする育毛サプリ、チャップアップサプリメントがあります。

外から使う育毛剤ではなく、飲んで内側から働きかけるサプリメントなら、AGAにより効果的なのでしょうか?

副作用がない定番成分ノコギリヤシ

チャップアップサプリの主要成分はノコギリヤシエキスです。

ノコギリヤシエキスは、今や育毛サプリのド定番と言っていいでしょう。

それは、ノコギリヤシエキスがAGA治療薬プロペシアの主成分であるフィナステリドに近い、5αリダクターゼを阻害する効果があると言われているからです。

イタリアではAGAの男性に対してフィナステリドとノコギリヤシエキスを投与する比較実験が行われました。

実験の結果、ノコギリヤシエキスのグループは38%が改善、一方フィナステリドのグループは68%が改善しました。

フィナステリドほどではないものの、ノコギリヤシエキスにもAGA改善効果が期待されます。

また、フィナステリドには副作用がありますが、小林製薬が行った実験ではノコギリヤシエキスに副作用は確認されませんでした。

育毛環境を整えるフィーバーフュー

フィーバーフューは欧州で昔から使われていたハーブで、和名はナツシロギクです。

2008年、日本経済新聞が、大阪大学が行った実験により、フィーバーフューのエキスに含まれるパルテノライドという成分に育毛効果が確認されたと報じました。

これは、パルテノライドに乱れたヘアサイクルを正常に戻す力があるからではないかと推測されています。

AGAはDHTによりヘアサイクルが乱され、髪が育つ前に抜けてしまう症状です。

パルテノライドは、DHTが乱したヘアサイクルを正常に戻すようです。

毛母細胞の正常な働きを支える亜鉛

亜鉛については、AGAの予防効果は一切ないと言えます。

ただ、毛母細胞が髪の毛を作るときには亜鉛が必要であるため、育毛には必須の成分だとも言えるでしょう。

どちらかといえば、AGAを予防するというより、髪の毛を育てるシステムを健全に保つための成分です。

手遅れになる前にチャップアップで予防を

髪をとかすと、くしやブラシにごっそり髪が抜けてくる。生え際の後退が勢いよく、頭頂部にまで達してしまっている。

これぐらいのレベルになると、本格的にAGAになっている可能性が高いです。育毛剤を試す前にAGA専門のクリニックに行きましょう。

しかし、ちょっと抜け毛が増えたなとか、生え際が後退しはじめたかなというごく初期の状態であれば、チャップアップやチャップアップサプリに含まれる天然成分でそれ以上の進行を予防できるのではないかと思われます。

風邪だってひきはじめに適切に対処すれば悪化する前によくすることができます。

それと同じように、薄毛も早期に対処すれば予防も可能です。

ちょっと気になりだしたというぐらいなら、チャップアップがおすすめ。

累計300万本の販売実績も、薄毛予防や育毛で効果を実感した人たちがリピートしているからでしょうね。

気になったらまずチャップアップ公式サイトを訪問してみてください。